活力を与える制度

活力を与える制度には

ビジネスに活力を与える開発制度

企業が大きくなると陥りやすいのが所謂大企業病です。組織の硬直化や官僚化により、ビジネスとして必要な挑戦する気風が萎えて来る事でこうした大企業病が生じるのです。こうした大企業病を払拭するため、様々な施策が取られており、その1つとして社内事業開発制度を導入している企業もあります。この制度は、アイディアを社員に募り、審査によって選ばれたアイディアを発案者が社長として新規ビジネス開発を行う制度です。一般的なベンチャーでは資金の心配がありますが、この制度では一定の資金を企業が用意してくれ、市中から借り入れる必要がなく、事業化推進に邁進できるのがメリットです。ただし、3年程度の一定の期間内に目標達成できなければ、そこで打ち切られると言う厳しさも設けられているのが一般的です。

企業にとって開発は重要になる

大きな企業とはいっても常に新規事業を考えないと、将来苦しくなる事態もあります。それには、新製品や新規業務の開発が必要です。特に、新製品の開発は予算が充分にあれば良いのですが、限られた金額で新製品を生み出すには、頭を使う以外にありません。とうぜん、汗もかかなければなりませんが、良いアイデアは汗だけでは出てきません。日頃から頭を柔軟にして、何にでも興味を示して、視野を360度に開いておくことが大切です。ビジネスはタイミングが重要です。限られた期間に期待された成果を出さなければならないのも、ビジネスマンである以上避けられないことです。

↑PAGE TOP